東屋 丸急須(横手)並細

東屋企画、猿山修さんデザイン、
急須の産地として知られる、愛知県常滑市の高資陶苑にて製作された作品です。
焼きしめられた肌は釉薬がかかっていないため、
お茶の香りをたくわえ、使うほどに香りの良いお茶が入るようになります。
磁器の急須に比べ、保温性が高いのも特徴です。
たおやかな丸みのボディーから伸びるスマートな持ち手は、
大変握り心地が良く使いやすいデザイン。
茶渋が目立ちにくく、長く気持ちよくお使いいただけます。

茶こし部分は本体と同じ陶製で、細かい穴があいており、
最後の一滴まで目詰まりせず注ぎ切ることができます。
口が広く、洗いやすさも考慮されています。

One cup teapot (side handle)

Planning: Azumaya
Design: Osamu Saruyama
Manufacturer: Takasuke tou-en (located in Tokoname city)

直径 約8cm
持ち手を含む長さ 約14cm
注ぎ口を含む長さ 約11cm
高さ 約8.3cm
容量 約225ml (約180ml / 適量)
茶漉 並細

1杯~2杯分のお茶を淹れるのに最適な大きさです。

色味や質感などは、ディスプレイの性質により多少異なって
見える場合がございます。
予めご了承くださいますようお願いいたします。
販売価格 5,600円(税抜)
型番 az007
在庫状況 1